紅葉

頬にあたる風が、だいぶ冷たく感じられるようになりました。銀杏の木の

下には、銀杏が落ちています。公園の近くを通ると、金木犀の香りが鼻を

くすぐります。もう、秋の便りが、届いているようです。そう考えながら歩いて

いると、駅の改札口の近くで、紅葉の絵を見つけました。人より先に、秋の

紅葉を見られたようで、得した気分になりました。これからも、四季折々の

絵を飾ってほしいと思います。

(牧野悦郎氏作)

                            Dr.K

関連記事

  1. 新春頭の体操 No.2
  2. ごぼう茶
  3. 差し入れ
  4. 改革  No.2
  5. 東北地方太平洋沖地震
  6. 改革  No.3
  7. 8020運動 No.2
  8. タイプ別アクノリッジメント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP