口臭

口臭の原因は、口腔内嫌気性菌が、タンパク質をアミノ酸に分解し、アミノ酸をさらに

分解して臭い物質にします。つまり揮発性硫黄化合物を作りだす事だと言う事です。

嫌気性菌が、活発になる条件は、口腔内が嫌気的状態になったときです。緊張した

時は、口を閉じて舌の運動も停止します。この様な時が危ないのです。緊張している

かなと思ったら、まず、舌を動かして、唾液の量を増やしましょう。そして、唾液中の

酸素量を増やしましょう。それには、安定化二酸化塩素が良いでしょう。商品として

セラブレスの口腔内リンス、歯磨き剤などがあります。これらをエチケットとして、

使用した方が良いでしょう。

Dr.K

関連記事

  1. 金環日食
  2. 実現へ No.2
  3. 家政婦のミタ
  4. シンプルライフ生活
  5. プラセンタ・パワー
  6. ゴールデンウィーク
  7. 取手グリーンスポーツセンター Ⅱ
  8. d-ROMS測定とBAP測定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP