研修旅行 No.2

まず、チャレンジと言う意味ですが、

皆さまご存じの「挑戦する」の意味の他に「やりがい」と言う意味もあります。スカイ・ダイビングは「やりがい」があると思っています。ジェット・コースターよりも、全然怖くなく、ジェット・コースター特有のお腹がキューと成る事が有りません。私は、ジェット・コースターも好きですが、あのお腹にキューと来る感覚は余り好きではありません。グァムなどで、商売にしているスカイ・ダイビングは高度4000㍍から、自由落下を行いますが、空気の抵抗や浮力等を計算に入れ安全性の高いものにしていると思われます。勿論タンデブーで質量は大きくなります。真空中では、質量に関係なく、物質は同じ速さで落下しますが、スカイ・ダイビングの面白さは、空気抵抗があり浮力もあります。まず、飛行機で高度4000㍍まで上がりそこから2人で自由落下しますが、空気の抵抗と浮力の存在のため、実際には時速200㎞で落下しているにも関わらず落ちているという感覚が有りませんでした、だからジェット・コースターの様なお腹がキューとする感覚も有りません。空中に浮遊している感じでしょうか?しかし、風当たりはすごいです。

何㍍位落下したのか分かりませんが、感覚的には2500㍍位かと思いますが、そこで

パラシュートが開きました、その瞬間これも感覚的な物ですが、100㍍位は上昇したように思います。後は、景色を楽しみながらの空中遊泳です。実に素晴らしい景色で感動します。学んだ事、浮力(下から上に働き重力を妨げる)重力は、質量に比例するが、空気抵抗や浮力は質量に比例はしないという事です。次回は実弾撃ちについて書いてみます。

                                       Dr.K

関連記事

  1. 研修旅行 No.6
  2. 研修旅行 No.5
  3. MR(メジカルリサーチ)21の講習会
  4. MR(メジカルリサーチ)21の講習会Ⅱ
  5. 総合医療とは?
  6. 研修旅行 No.4
  7. 研修旅行 最終
  8. 研修旅行 No.3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP