人生が2度あれば

井上揚水のかなり昔の歌である。歌詞を思い出してみた。自分の家族に置き換えてみた。父は今年四月で九十五,母は今年八月で八十六、子供だけの為に歳とった ? ? ? ? 重要な要素を要約してみた。ふ歯の事を考えた。本来は、永久歯が大人の歯ではあるが、歯に関しては、乳歯が親代わりをしているのでは?と思ってみた、すると有る程度つじつまが合う。永久歯(子供)は乳歯(大人)の根っこから吸収をしていき、成長していく。乳歯(大人)の根っこが、健康でなく病気があると、永久歯(子供)は吸収を止め変な方向に道を踏み外す。人間だと不良に成る恐れがある。永久歯(子供)のDirectorでも有る乳歯(大人)の治療を完全に治療し、その前に、人間の大人に乳歯(大人)を虫歯にさせない様に啓蒙する事が必要???????????????                  と思われる。下の写真は我が家の愛犬Love(ラブ)の若い時期と現在十六年目のものです。人生は一度しか在りません。また、歯も一度しか代わりません。悔いの残らない人生を送りたいものです。                           Dr.K 

画像-0009_002

__

関連記事

  1. なごり雪
  2. ムムとドライブ
  3. 秋葉原
  4. Leaky Gut
  5. 人間 Watching
  6. ムムの散歩とフェトンチット No.2
  7. 謹賀新年
  8. ラブとムム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP