Dr.南雲 その2

前回の続きの話です。
ナグモクリニック総院長、南雲吉則先生の言いたかった事「60歳からのシンプル満足生活」  私達は生を受け、それを全うするまでの期間、つまり「人生」を出来るだけ豊かに、そして健康に過ごせるよう願っています。特に戦後私達はかって経験したことのない長寿を得られる様に成りました。「人生50年」と言われた時代が、今や男女とも80歳を優に超え、世界有数の長寿国家となり、先進国一の健康長寿を誇るように成りました。一方で高齢者に対する医療費負担など社会保障費が増大するというアンバランスから、高齢者に十分なケアが出来ない時代にもなりつつ有ります。それは、自分の健康は出来るだけ自分で管理する「自己責任」と言う概念がジワジワと定着しつつある社会情勢からも理解できます。「自分の健康は自分で守る」、その為には、良質な医療機関を選ぶ知恵も必要に成ってきます。誰しも、老いることを防ぐ事は出来ませんが、老いることを遅らせることは可能です。一つには、脳を賦活する事です。何でも良く噛める事はボケ防止になり、効率の良い栄養摂取が出来ると言うことです。もう一つにはストレスを貯めない事です。ストレスは活性酸素を産みます。人は生きる為に酸素を取り入れますがその酸素の三分の一は活性酸素と成ります。時々、今日は歯が少し違和感があるとか、歯の根元がいつもよりもよくしみるとか起こった事は有りませんか?それは、睡眠中に脳内でハギシリをしてストレスを解放しているからです。ストレスは百害あって一利なしです。最近の研究でストレスがかかると脳の集積回路がハギシリにより口腔内よりストレスを開放していると言う事が証明されています。その為にも良く噛める口の中にしておく必要があります。今のうちに、良質な歯科医院で良質な材料を使用して良質な口腔内環境を作り、その状態を予防と言う手段で長持ちをさせると言う事を考えて下さい。中国には、未病という言葉があります。病気に成る前にその病気を防ぐ事なのですが、予防と同意語と思います。老いてくると最後に残る楽しみは、食べる事、話をする事、仲の良い友がいる事だと思います。次回に続く。

?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? Dr.K

 

 

関連記事

  1. 病気(特にがん)と戦う
  2. α-リポ酸
  3. 医学博士 南雲吉則&オーガスト・ハーゲスハイマーの講演会
  4. 高濃度ビタミンC
  5. 高濃度ビタミンC
  6. ビタミンC
  7. 高濃度ビタミンC
  8. α-リポ酸

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP