花火大会はなぜ夏に開催されるのか

夏の風物詩・花火は、そもそも送り盆の時期に、魂の鎮魂の為に打ち上げられたものだと言われています。お盆の時期は、一般には13日から16日の4日間で、「お盆とは、年に一度祖先の霊が私達のもとに帰って来る期間」とされています。13日に先祖の霊が迷わず家に来られる様に、迎え火を焚く事から13日を迎え盆、16日に先祖の霊を送り出す為に、送り火を焚く事から、16日を送り盆と言います。もともと送り火として、御先祖様をお送りするための花火でしたが、いつしか夏の鑑賞メインのイベントに育って来たんですね。明日は地元の花火大会です。久しぶりに出かけようと思います。

関連記事

  1. 白井福祉センターにて
  2. お気に入り
  3. 私の歯周病菌に対する仮説
  4. 東北地方太平洋沖地震
  5. フェルガードに対する私の考え
  6. d-ROMS測定とBAP測定
  7. 取手グリーンスポーツセンター Ⅳ
  8. 駅の階段で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP