サプリメント(フェルガード)

通販でも購入できると思いますが、ここではフェルガード○RMSシリーズについて書いてみます。フェルラ酸とガーデンアンゼリカとでできています。最初はフェルラ酸とアシュワガンダと言うナス科の常緑低木を使用していたみたいです。アシュワガンダが医薬品に含まれた為、現在ではガーデンアンゼリカやバコバモニエラを使用しています。フェルガードとは何?と言う事に成ってきますが、早い話がボケ防止、ある種の認知症に効く?作用があると思って下さい。認知症治療には薬名でアリセプト(ドネペジル)が世界中で有名ですが、この薬剤を考えた人が杉本八郎先生です。杉本八郎のエピソードには、会社からは2度も認知症の薬の開発は中止する様に厳命を受けたにもかかわらず5年以上かけてこの薬(アリセプト)の創製に結びつけたそうです。何故そこまでする?それは杉本自身の経験で母親に「誰か?」と尋ねられ「息子の八郎ですよ」と声をかけたところ「そうですか、私にも八郎という名前の子供がいるのですよ」との返事を受け、これがきっかけに成っていると書かれていました。私にも同じ様な経験があります。私の祖母の話ですが、大学の4年~5年の夏休みに田舎に帰った時の話です。祖母に、「ただいま」と言った時「おまさん、誰ぞね?」と言われ、驚いた記憶があります。祖母が80歳頃だと思います。以前から、少し変だとは思いましたが、1年で激変していたのには目が点になりました。現在父親も96歳でボケてないもののほぼ寝ています。この様に考えると、わが家系は がん 家系では無く長寿の家系かも知れません。だから、私も最近ボケ予防にフェルガードを食べる様にしました。

関連記事

  1. 初雪
  2. GRIT
  3. 影響力の武器を読んで No.1
  4. 続2 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)
  5. 節分(立春の前日)
  6. 電車の空席~(その3)
  7. Priority No.2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP