ドライマウス

ドライマウス

ドライマウスとは

「乾いた食べ物が食べにくい」、「飲み物が手放せない」、「口臭がきついと言われる」、「口の中がネバネバする」。
いずれかに当てはまる方は、ドライマウスの可能性があります。
あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、ドライマウスはドライアイとよく似た、だ液が不足して口の中が乾いてしまう症状です。
日本語では、口腔乾燥症とも呼ばれます。

だ液は消毒薬

こどもの頃、腕をすりむいた時「ツバをつければ治るよ」という話を聞いたことがある方も多いと思います。
都市伝説かと思いきや、本当にだ液には殺菌作用があるのです。
口の中でも、有害な菌から歯を守る働きをしている、だ液。ドライマウスになってしまうと、その殺菌作用が減ってしまい、むし歯や歯周病、口内炎などになりやすくなってしまいます。

ドライマウスの原因

ドライマウスの原因には、糖尿病、腎不全、筋力の低下、薬の副作用、ストレス、シェーグレン症候群などがあげられます。
特にストレスを感じていたり、緊張したりすると、自律神経や交感神経の働きでだ液は出にくくなります。
逆にリラックスしていると唾液は出やすくなります。
ひとりひとり、原因や症状も異なりますので、ドライマウスが気になる方は、来院の際にご相談ください。

ドライマウスよくある質問Q&A

Q. ドライマウスってどんな病気?
ドライマウスは、口の中が乾燥してしまう病気です。
日本だけで、患者数は800万人ともいわれています。

Q. ドライマウスの症状は?
のどが渇きやすい、口の中がネバネバする、などの不快な症状が特徴です。
だ液が足りないため、おせんべいやパンなど、乾いた食品が食べにくい、むし歯や歯周病になりやすいといった症状があります。

Q. ドライマウスの原因って?
糖尿病、腎不全、筋力の低下、薬の副作用、ストレス、シェーグレン症候群などがあげられます。













PAGE TOP